クラマルオンラインストア:しあわせ米のお店

  • 宇佐本百姓は、
    世界農業遺産に認定された国東半島宇佐地域の農村の豊かな環境を保全するために、
    環境に負荷をかけずに、自然を尊重し、自然に沿ったお米作りに取り組んでいます。

    全ての商品は農薬と肥料を使用せずに栽培されたものです。
  • 土には、本来、植物を育てる力が備わっています。
    その土の力を尊重し、土には、藁や自然の堆肥以外は使用せずに、土を清浄化する事を心がけています。

    種は、自家採種。
    種には、その土地の気候風土に順応した生育が行えるように、年々、世代を通じて、蓄えて行く記憶があります。
    土を清浄化して、自家採種を行う事で、その土地に相応しい作物を収穫する事が出来ると思っています。
  • それから、本百姓。
    本来、百姓とは、家や田畑を持ち、納税の義務を果たしていた者です。
    また、農業を営むほかに、多様な生業を行いながら、農村の文化を築き上げていました。
    しかし、現在の現実は、農業を営むもので、農業収入により、納税を行うことのできるものは、ほとんどいません。
    祭りや伝統的なものが絶えてしまっています。農村に百姓がいなくなる。
    また、農村には子供がいず、高齢者ばかりがいる。
    だから、私たちは、農村に子供がいて、高齢者の世話をする若者がいて、納税を行うことのできる者がいる農業経営者がいて、農業収入で、田畑とマイホームがもて、多様な生業と趣味を持ち、文化を保持、創造する。

    そんな、本来の意味をもつ百姓になりたいと思っています。

  • しあわせとは・・・
     家族皆、 笑って食う、
           三度の麦飯』



    粗末な麦飯でもいいから、家族みんなそろって、笑顔で、三度三度のご飯を食べる事が出来る、それがしあわせ。祖父、原敬の言葉です。
    しあわせ米で、そんな、しあわせな家庭が増えていく事を祈念しています。

出店者のプロフィール

4c121c3c90d1aba1db9d74e0fedcca77eb72cfb1
しあわせ米のお店
しあわせ米のお店/有限会社宇佐本百姓 有限会社宇佐本百姓 代表の深見壽孝は大手企業でシステム設計を行うエンジニアでしたが、親の家業であるライスセンターを継ぐために退社。有限会社宇佐本百姓本を立ち上げ自然栽培による米作り、理系脳を活かしてデータを研究し、本百姓品質・本百姓プライドのしあわせ米の生産販売に尽力しています。 宇佐本百姓は、世界農業遺産に認定された国東半島宇佐地域の農村の豊かな環境を保全するために、 環境に負荷をかけずに、自然を尊重し、自然に沿ったお米作りに取り組んでいます。
お問い合わせ

アイテム一覧