クラマルオンラインストア:(株)日本パイ技術総合研究所 オンラインストア

  • (株)日本パイ技術総合研究所

  • 「πシステム農法」とは、体の中の水と同じサビない水、「πウォーター」でつくった土や肥料などを使って、野菜やお米の無農薬・無化学肥料栽培を「楽に・簡単に」できるようにした農法のことです。πシステム農法は、農薬や化学肥料で酸化して固くなった土壌を改良し、土壌や作物本来の力を高め、引き出していくことにより、無農薬・無化学肥料でも作物が元気に育ちます。

  • 私たち、(株)日本パイ技術総合研究所は、無農薬栽培方法の拡大を通じて、その生産者(家庭菜園含む)およびそのお客様の健康の実現を目指して、群馬県前橋市にある「ひふみ農園」で日々実践を続けています。
  • 【私たちの目指すもの】

  • ・無農薬栽培が簡単にできることによる、農業にかかるコストの低減
    ・無農薬野菜などの高付加価値作物の販売による、農家所得の向上
    ・これまで野菜、お米を育てるのが難しかったところでの、栽培の実施
    ・それらを通じた、川、池、山、海などの自然環境の改善

  • 「無農薬農法」と聞くと、むつかしそうな、知識や豊富な経験がないとできないと思ってらっしゃいませんか?
    私どもの農園、「ひふみ農園」で野菜の栽培、販売を主導する、当社の代表(横堀 幸一)も、前職はソフトウェア会社に勤める会社員でした。

    農業の素人だった私たちも、実践でき、結果が出せている。そのことが、この農法のすばらしさの、まさに証明と考えています。

    「楽に・簡単に」が私たちのモットーです!
  • 【πシステム農資材の使い方(概要)】

  • ① 土壌改良剤「S-O1(えす・おーわん)」を10坪の農地であれば、5~10㎏撒きます。
    ② クワなどを使って土に混ぜます。
    ③ 混ぜ終わったら、液体活性剤「バイオアース」]もしくは「陽旬77(ようしゅんせぶんてぃせぶん)」を薄めた液を撒きます。
    ④ バイオアースをうすめた液をつくっておき、畑にまく種をその液に30分ほど浸してから引き上げて、1日陰干しします
    ⑤ ③がおわって3日くらいたってから、種を蒔きます。翌日や、時間がなければ当日でも種蒔きは可能ですが、少し日が経った方が、土の酸化度合いが抑えられるようです。
    ⑥ あとはいい意味で「適当に」、「バイオアース」もしくは「陽旬77」の希釈液をまきましょう。

    ぜひこれから、無農薬野菜栽培に取り組んでみたいという方、個人・法人問わずチャレンジしてみたいという方、海外での生産に取り組んでみたいという方も、ぜひお試しください。

    ビックリされると思います。

出店者のプロフィール

898355e06a4fa4cbd66e82e425cad0bb2459ef82
(株)日本パイ技術総合研究所
<農薬のいらない世界へ>---私たちの農業用資材は、農薬や化学肥料で酸化した畑を回帰・還元させることができます。そのもとになるのが「πウォーター」。私たちの血液には鉄分がふくまれていますが、血はサビません。そんな体内の水に近い水を作り出す私たちの技術は、様々なストレスや化学的に汚染されて酸化した私たちの体を、元の状態へ「回帰」させる力があります。そして、畑の「土」にも同じ効果を生むことができるのです。
お問い合わせ

アイテム一覧