スプーン一杯で栄養価も見た目もアップ。一生懸命働く女性の方へ、赤ビーツのコンフィチュールを考えました

クラウドファンディングプロジェクト:スプーン一杯で栄養価も見た目もアップ。一生懸命働く女性の方へ、赤ビーツのコンフィチュールを考えました
  • このプロジェクトは
    2018/10/21に終了いたしました。
    応援いただき、ありがとうございました。
このプロジェクトは目標達成型です。
東京都西東京市で100年にわたり先祖から受け継がれてきた畑を大切に守り続けてきたやすだ農園。昔ながらの露地栽培を中心に行い育てた野菜は味が濃いと言われるのが特徴です。農園を営む私が、毎日忙しく働く方へ考えた赤ビーツのコンフィチュールがついに完成しました。スムージーやヨーグルトに、スプーン一杯入れるだけで、栄養価も見た目もぐんとアップします。
  • スプーン一杯で栄養価も見た目もアップ。一生懸命働く女性の方へ、赤ビーツのコンフィチュールを考えました
    • はじめまして!

    • はじめまして、安田加奈子です。東京都西東京市で100年続く農家に生まれ、やすだ農園という農家を営んでいます。この農園が始まったのは私の曾祖父、曾祖母の代のこと。父の代から直接契約を少しずつ始め、今では庭先の直売所やスーパーの産直コーナー、某百貨店など、さまざまなところで作物を取り扱っていただいています。
    • 都内で農業を営むのはたやすいことではありませんが、自分が育った大好きな畑を守りたいと思い、幼稚園教諭を経て跡を継ぎました。
      さらに、野菜の栽培だけではなく育てた作物をマルシェで売ったり、インターネットで発信し、ネット販売など新しい試みも常に続けています。このプロジェクトは、私がずっと温めてきた「ビーツをもっと手軽に食べてもらいたい」という想いから生まれたものです。
    • まるで野菜の絵具。赤ビーツのコンフィチュールが完成するまで

    • 鮮やかなマゼンタ色で、豊かな土の香りと甘みが特徴の赤ビーツをみなさんはどのくらいご存じでしょうか。ボルシチに使われていたり、最近ではサラダやスムージーなどさまざまなところで見かけるようになりました。
    • 私が栽培を始めたのは3年ほど前のこと。当時はそれほど認知されておらず直売所で売っても、なかなか売れずに悩みました。
      赤ビーツは「飲む血液」とも呼ばれる栄養価の高さからスーパーフードとしての呼び声も高い一方で、泥臭くて食べにくいという側面を持っていたのです。
      美容や病気予防にとても良いと言われる赤ビーツをどのように調理、または加工したら摂取しやすいのか思案していました。
    • 色がきれいで、少し入れるだけでもお料理をピンク色に変えてくれる赤ビーツを、甘いジャム状にしてみようと思い立ち試行錯誤を重ねました。水分が多く野菜であるビーツをジャムのようにするのは難しく、小さなサイコロ状にカットし食感も楽しめるものに工夫しました。
      お砂糖は希少糖を使用し、赤ビーツは直射日光をたくさん浴びて味が濃くなる露地で栽培しています。
      一番の難点だった泥臭さを味わいやすくしながら、鮮やかな色味を損なわないようにするなど、さまざまなハードルを超えて完成したのがこの「赤ビーツのコンフィチュール」です。
    • 忙しい同世代の女性に食べてもらいたい

    • 赤ビーツでなにかできないかと試行錯誤しているとき、私の同世代の友人たちが、出産を経て職場復帰をしている様子が目に入りました。その活躍をまぶしく思いながら、時間がなくても一生懸命毎日を生きている人に、ひとさじで栄養補給ができる商品を考えようと思うようになりました。
      朝の忙しい時間にも、スムージーやヨーグルトにちょっと入れるだけでいい。職場で少し食べてもらうのでもいい。ちょっと時間がある時には、バニラアイスにのせたり、クラッカー&クリームチーズにのせたり、アレンジ次第でお洒落にも楽しめる、そんなイメージでこのコンフィチュールは出来上がったのです。

      スポーツが好きな主人は、アスリートの方や仕事で忙しい男性にもおススメしたいのだとか。
      もちろん忙しい男性にも召し上がってほしいですし、今注目されている赤ビーツを奥様にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?きっと喜んでいただけると思います。

      手軽に栄養補給ができて、目にも鮮やかなこのコンフィチュールがたくさんの方の手元に届くといいなと思っています。
    • 集まった資金の使い道

    • 集まったお金は、お洒落なラベルシールをデザイナーさんに作成してもらい、この赤ビーツのコンフィチュールを作って、みなさんのもとにお届けするのに使わせて頂きます。
      ご自身へのご褒美や、大切な方へのギフトにも喜ばれるものを作ります。
      中身はもちろん、瓶の形から私がこだわって作った自信作です。やすだ農園の初めての加工品が誕生すると嬉しいです。

    • ただ今の赤ビーツ

    • 落ち葉を2年かけて朽ちさせて作った有機堆肥(カブト虫の家)を畑にまき、ふかふかの土作りをしました。その他にも、もみ殻堆肥や石灰などをまき、マルチというビニールを敷きました。
      8月19日種まきをしました。
    • リターンについて

    • やすだ農園では、赤ビーツだけではなくさまざまな農作物を育てています。リターンの中には、この赤ビーツのコンフィチュールだけではなく、やすだ農園自慢の野菜セットなども用意させていただきました。
    • 想いがつまったこのプロジェクトをぜひ応援してください!

    • 露地栽培にこだわり、農薬をなるべく使わずに東京で農業をやることは簡単ではありません。でも、直射日光をたっぷり浴びて育てたやすだ農園の野菜は味が濃く、たくさんの方に喜んでいただいています。赤ビーツも、元気なピンク色とこっくりした甘味が楽しめる自信作です。このコンフィチュールが、たくさんの人を元気にしてくれますように。みなさんの支援をお待ちしています!
  • 新着情報

    応援を頂き誠にありがとうございました。
    2018/10/23 13:38:25
    6fe3391e73da2b003a7844bf4665d6839f3e5376
    この度はご支援頂いた皆様には申し訳ない形になりましたが、応援を頂き誠にありがとうございました。小さな農家の挑戦ではありましたが、少なからず需要があると知ることが出来、嬉しく思っております。
    今回は台風被害で製造が不可能な量となってしまい、次回育つのは来年の夏になります。現段階では次回の赤ビーツのコンフィチュール製造は未定ですが、また同じ形でも違った形でもチャレンジしていきたいと思います。ありがとうございました。

    台風の被害の片付けなどもひと段落し、通常の仕事内容が戻ってきました。
    2018/10/09 13:05:08
    Bc119cbac15ed6fdf5930691db5f1544a7e19592
    上にネットをかけたものの二回の台風で、赤ビーツ達に被害が出てしまいました。大雨で土が流されて固くなったところに、予想以上の風にくるくる回された為かと思います。
    綺麗に揃っていた畑は、ほとんどが枯れてまばらに残っているだけとなりました。

    台風もありましたが、1ヶ月でこんなに成長しました!
    2018/09/27 09:43:18
    637bb50f65b7599da119d40f9b71a0e80b4423df
    先日の台風で枯れてしまったビーツもありますが、生き残った芽が大きくなってきました!
    草むしりをして追肥をしたり、多すぎた雨で固まった土を手作業で砕く作業を繰り返しています。

    このたくましく育った赤ビーツはきっと栄養満点なのでコンフィチュールにするのが楽しみです。

    皆さまのご支援おまちしております!

    8月25日芽が出ました。
    2018/09/07 14:42:12
    791b21a20e0a9f953d664503289eb92491ab9f6f
    8月25日芽が出ました!小さくてとても可愛い芽ですが、茎は赤ビーツらしくこの時点で真っ赤なんですよ!

プロジェクトオーナーのプロフィール

Eab3e2c086825fd43f35fb9062d51c4d7fe4bdc6

安田加奈子

はじめまして、安田加奈子です。東京都西東京市で100年続く農家に生まれ、やすだ農園という農家を営んでいます。この農園が始まったのは私の曾祖父、曾祖母の代のこと。父の代から直接契約を少しずつ始め、今では庭先の直売所やスーパーの産直コーナー、某百貨店など、さまざまなところで作物を取り扱っていただいています。
お問い合わせ
販売チケット

販売チケット一覧