消滅の危機にある“押井の里”を守りたい!幻の米 ミネアサヒCSAプロジェクト

再生
クラウドファンディングプロジェクト:消滅の危機にある“押井の里”を守りたい!幻の米 ミネアサヒCSAプロジェクト
実施確定
  • 残り時間
  • 売れた商品数
    67
  • 集まっている金額
    ¥783,000
39%
目標金額 ¥2,000,000
このプロジェクトは実行確約型です。
生産者と消費者が同じ「家族」としてお米を作りながら里山を守るプロジェクトです。日本中の山村集落を、消滅の危機から救うためのモデルとなることを願って、クラウドファンディングに挑戦します!
    • はじめまして。

    • 一般社団法人 押井営農組合代表の鈴木辰吉です。
      私は愛知県東加茂郡旭町(現在豊田市)に農家の長男として生まれ、地元高校を卒業したのちに豊田市役所に就職しました。60歳で定年退職してからは、都市と山村をつなぐ中間支援機関を設立し、センター長として交流促進事業を実施してまいりました。
      豊田に生まれ、育ってきた一市民として、故郷である押井の里を守るために、私の知見の全てを注ぎ立ち上げたのが「源流米ミネアサヒCSAプロジェクト」です。
    • 押井営農組合とCSAという仕組みについて

    • 非営利法人押井営農組合が、責任をもってこのCSAプロジェクトに取組みます。
      CSAとは、「Community Supported Agriculture」の略称で、消費者が生産者に代金を前払いして、定期的に作物を受け取る契約を結ぶ農業のこと。農の恵みとリスクを共に分かち合う仕組みとして、ヨーロッパやアメリカで急速に広まってきました。
    • 消滅の危機にある“押井の里”をCSAで救いたい

    • 「源流米ミネアサヒCSAプロジェクト」で実現したいこと、それは私たちの故郷である“押井の里”を消滅の危機から救うことです。
      押井の里は、中山間地域で米の自給を行う、どこにでもある小さな山村集落です。3000年も前の縄文時代から人の営みが続いてきた押井の里は、過疎化の波にのまれ、今まさに消滅に向かっています。
    • どうすればこの流れを止めることができるのか。悩みぬいた末にたどり着いたのが、生産者と消費者が支え合うCSAという仕組みでした。この「源流米ミネアサヒCSAプロジェクト」は、私たち生産者と消費者(契約者)が米の「自給家族」として支え合う取り組みです。
      自給家族として1俵につき3万円の生産費を負担すると、安全で美味しいお米が届くほか、押井の里の家族として交流イベントに参加することができます。
    • 守りたい農地に見合う「自給家族」に仲間になっていただくことがプロジェクトの目的ですが、まずは今回のクラウドファンディングで多くの方にこの取り組みを知っていただき、自信をもって美味しいと言える「源流米ミネアサヒ」を試食していただきたいと思っています。
    • わずか28世帯の小さな集落。「自分たちで守らなければ」

    • 「押井の里」は、愛知県豊田市の山村部にある小さな集落です。私の幼少期、祖父母、両親、3兄弟の大家族、牛、ヤギ、ニワトリを飼う自給自足の暮らしは貧乏ながら幸せでした。田畑、森、寺、神社で暗くなるまで遊んだ日々。できるものなら何の不安もない、豊かだったこの時代に戻りたいとすら思います。
      しかし、1950年代には200人を超えていた人口も、2019年8月現在では、84人にまで減少。3000年続いてきた集落が、この50年で消滅の危機に晒されています。
      営農従事者の高齢化、後継者不在などにより耕作放棄地が拡大し、獣害による集落の荒廃も進んでいく中で、私たちは集落一体となってその対策に取り組み、困難な時期を乗り越えてきました。
    • そして2015年、集落内に農家民宿「ちんちゃん亭」を開業。
      自然派志向の客層が中心で、農業体験などを通じ家族のような付き合いが生まれ、都市住民とつながり、消費者に支えられる農の営みに大きくシフトし始めました。
      「自分たちの村は自分たちで守る」その想いを胸に私たちは進んできたのです。
    • なぜ、私たちはCSAを選んだのか

    • 営農組合としてさまざまな活動に取り組んできた私たちですが、農地を荒廃からこの先ずっと守り切れる保証はありません。現役世代のリタイアの時期は迫っており、このままでは経営が成り立たなくなり、集落を消滅させることにもなりかねません。

      私たちが自給の営みを続けるのは、自分たちが育てたものを、自ら収穫し、食べるという、食の安心と喜びに暮らしの豊かさを感じているからです。同じ思いを持ちながら、そのような機会に巡り合えていない消費者はいるのではないか。そう考えてたどり付いたのが、消費者とともに米を自給する「源流米ミネアサヒCSAプロジェクト」 へのチャレンジでした。
    • 里を守るために、まずは30家族を仲間にしたい

    • 押井の里の田んぼは約6ha、収穫できるお米の量は、平年で400俵(2,400kg)あまりです。6haの農地を守るためには、「自給家族」を2024年までに100家族増やす必要があります。
      その第一歩として、今回のクラウドファンディングで多くの方に「源流米ミネアサヒ」を試食していただき、第1回募集では、30家族を仲間にしたいと思っています。
    • 幻の米ミネアサヒを、ぜひ味わってください!

    • 押井の里がリターンとして皆さまにお届けするのは、「幻の米」とも呼ばれる「源流米ミネアサヒ」。
      森林から湧き出る清らかな水、昼夜の温度差から生まれる粘りと旨味が際立つお米を、農薬、化学肥料を慣行栽培の2分の1以下に抑えた「特別栽培米」として育てました。
      コシヒカリより一回り小さく、美味しいお米ですが、他県ではほとんど栽培されておらず、愛知県内でも水稲栽培面積の5~6%と生産量は少ないことから「幻の米」と呼ばれています 。
    • リスクも豊作も共に分かち合う、自給家族とは

    • 1家族への1年あたりの供給量は1俵60kgから選択可能。栽培経費として、実際に米を栽培する押井営農組合員と同じ、1俵につき3万円を負担いただきます。3~10年長期で契約することにより組合の経営は安定し、契約者も市場原理による価格の変動の影響を受けずに、安定的に美味しいお米を確保できるのです。
      ほかにも年に2回ほどBBQや秋の収穫祭などの体験交流イベントの実施や繁忙期の農作業サポートの受け入れ、SNSによる農作業や里山情報の発信、米の食味やシステム運営に関する意見聴取なども実施。押井の里の一員として、地域を守り、楽しんでいただきます。
    • 天候によって収量が左右されるので、年によっては供給量が増減することもあるかもしれませんが、生産者も契約者も押井の里で米を育て、食す “自給家族” として、リスクも豊作の喜びも共に分かちあうのが、「源流米ミネアサヒCSAプロジェクト」なのです。
      ※自給家族の契約をご希望の方は、契約優先権つきのリターンをご購入ください
    • 集まった資金の使いみち

    • 農作業の共同化のためには、組合として農業機械・設備の保有が必要となります。県補助金、借入金のほかあらゆる助成制度を活用し、トラクター、コンバイン、機械格納倉庫、田植機を導入し、現在はミニライスセンターを建設しています。
      皆さまからご支援いただいた資金は、リターンにかかる費用のほか、家族に年間を通じて新米の美味しさを届けるための大型穀物保冷庫整備に充てさせていただきます。
    • これが、人生最後のチャレンジです

    • 自分のこれまでを振り返ってみると、常に何かに没頭していた「没頭人生」でした。現在、66歳。人生最後のチャレンジになると思っています。
      そこで、皆さまへお願いです。
      私たちが目指すのは「強い農業」でも「競争に勝つこと」でもありません。自分たちが生まれ育った大切な故郷を、絶やすことなく次の世代にきちんと引き継ぎたい。
      そしてこの大きな挑戦によって、日本中の山村集落を、消滅の危機から救うためのモデルを創りたいのです。
      私たちと一緒に、楽しく、山村を、日本の国土を守ってください。
      ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
  • 新着情報

    豊田市役所 農政課からメッセージをいただきました
    2019/10/04 11:05:36
    477084ef7c2f8810dd08730351bca3f01e9e89ca
    応援メッセージをいただきました。ありがとうございます。

    『豊田市の美しい山間地域の営みや景色を紡いでいく為の素晴らしい取組だと思います。
    作り手と消費者、双方の顔が見える関係はまさに「家族」。
    「家族」のために作られるお米はなにより「安心」「安全」ですよね。
    消費者が買い支える農業の未来を切り拓く、押井の里の挑戦を応援しています!(豊田市役所農政課より)』

    今回のプロジェクトは、豊田市役所農政課のサポートがあって実現したものです。ページに使う素材を準備するために、押井の里で写真撮影をした際にも、足を運んでくれました(画像)。
    たくさんの方の応援と期待に応えられるよう、引き続き目標達成を目指して頑張ります。

    「みんなの蔵」大型穀物保冷庫も完成しました。支援者さまの名前を入れる予定です
    2019/10/02 10:15:08
    17294d5d816ec1ee295e2e18bb2f4a6a8f114897
    ライスセンター内に大型のプレハブ穀物保冷庫(144俵)も完成しました。乾燥調製した玄米を低温貯蔵し、「自給家族」に年中新米の美味しさを届けるため、クラウドファンディングの支援金を充当して整備するものです。「実行確約型」なので、先に整備し、返礼品用のお米もここに保管します。

    みんなの支援で整備する穀物保冷庫なので「みんなの蔵」と名付け、今後、支援者の了解の下で、全員のお名前を刻む予定です。JAにも玄米の保管サービスがありますが、1俵当りおよそ1,000円の保管料が発生します。「みんなの蔵」の保管料は、みんなの志金で整備する施設なので「無料!」、一括引取りの「自給家族」は、生産費の負担を5%引きとする方針です。

    「自給家族」方式の農地保全、集落存続モデルづくりのプロジェクトは、着々と準備が進んでいます。

    1俵3万円の栽培経費負担は高い?
    2019/09/27 11:21:51
    D8fe92e7fa50d5df1e7149e69b9e5598112ba3b5
    押井の里の「源流米ミネアサヒ」は自給用のお米で、スーパーや産直市場の店頭に並ぶことはほとんどありません。従って需要と供給で決まる「価格」というものはありませんが、契約者には栽培経費を負担いただきます。その額は、玄米1俵(60kg)あたり30,000円、10kgあたり5,000円になります。

    有名ブランド米は、10kgあたり6,000円~7,000円台で普通に流通していますから、決して高い訳ではありません。
    そして私たち「自給家族」の努力は、「いかに高く売るか」ではなく「いかに安全で美味しい米を作るか」に向けられます。価格競争には与しません。

    日本人が年間に食べる米の量は54kg(約1俵)。安全で美味しいごはんを毎日食べて、年間3万円、1日当たり何と82円。
    安全で美味しいお米を、将来にわたって確保できる。食に不安のない暮らしが送られることは、幸せなことだと思いませんか。

    農作業って誰がやってるの?の疑問にお答えします
    2019/09/24 10:00:35
    C0915f2d3b78f96394a28dcb7e893066f18340a9
    過疎化が進む山村地域においては、労働力の確保こそが最大の問題です。押井の里のある敷島自治区が今年行ったアンケートでは「10年後に農作業ができなくなる」世帯が54%にのぼりました。5年前から12ポイントも上昇しています。

    敷島自治区は空き家を活用し移住者を迎え入れる先進地。押井の里の農業は覚悟を決めてUターンした若者と、農家民宿でつながるIターンの若者を中心に、高齢者がサポートする形で担われています。そのためにも、組合の法人化を進め労災保険や労働条件等、農作業従事者が意欲と誇りをもって働けるよう努めています。

    ライスセンターにはラップの楽曲がBGMとして流れ、田んぼでは大型のトラクターやコンバインを若者たちが自在に操ります。彼らの多くは、複数の仕事のチャンネルを持つ「多業」という生き方。
    押井の里の農業労働力は、今後も、新しい価値観を持った若者たちに担ってもらう考えです。

    クラウドファンディングへのご支援に感謝。
    2019/09/20 10:07:57
    7a3c6ed4f180d935d00e752e40122dd2efbd0a44
    スタートしたばかりですが、既に36万円のチケットをご購入いただきました。小躍りするほどうれしいです。早々にご支援くださった皆様、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

    そして、何より「自給家族」優先権付きを8名もの方にご購入いただいています。長いお付き合いにできるよう、気を引き締めて努めてまいります。

    私は、66歳にもなるお爺さんですが、高校入試の結果を待つ中学生のように、毎日ドキドキしています。出題は、「消滅に向かう山村集落を救済する方法について述べよ」。私の答え「自給家族」が、正解なら「極楽優先権高校」合格です。採点者は皆さんです。どうか合格させてください。

    一般社団法人押井営農組合 代表理事 鈴木辰吉
    2019年9月16日

    現場統括のけーすけです。ふるさとのために人生を捧げる覚悟で挑んでいます。2/2
    2019/09/20 10:02:11
    Ac68423cdba113e18d1744ed652e4461246674ae
    いつしか、友人だった奥さんと結婚することになり、ちんちゃん亭を始めることが出来て初めて、里を守るための活動と自分の暮らしを両立することができるようになりました。そして、ちんちゃん亭と僕らを愛してくれるお客さんとのお互い様の関係性こそ、このプロジェクトのヒントでした。
    まだまだ、発展途上ですが、僕としては自分のふるさとのために人生を捧げてしまったわけなので、押井の里が持続可能な里として成り立ってもらわなければ、自分の人生そのものが肯定できなくなってしまう。
    この新たなチャレンジは、僕の人生の選択を正当化するためにも、ちんちゃん亭を頑張ってくれている奥さんに報いるためにも、なんとしてもうまくいってもらわなきゃ困るんです。
    そして、この「自給家族方式」というCSAの形をパッケージ化することができれば、モデルとする多くの山村集落を救うことができます。
    私たちの挑戦を、ぜひ応援してください!

    現場統括のけーすけです。ふるさとのために人生を捧げる覚悟で挑んでいます。1/2
    2019/09/20 09:56:19
    3590e979169d04acb946d7acab45ab50291fd213
    ご支援いただいた皆さま
    本当にありがとうございます。

    農家民宿ちんちゃん亭のけーすけです。
    押井営農組合の現場の統括をしています。

    6年前、将来も安泰だった豊田市の再開発ビルの管理会社を辞め、担い手がいなかった組合のオペレーターとして、ふるさとの田んぼの守り手となりました。
    田んぼなどの荒廃はそこに暮らす人々の心の空洞化を招き、さらなる過疎を進めてしまう要因となります。
    だから、ふるさとをなんとかしたいという思い1つで人生の大きな賭けに出たのでした。

    しかしながら、オペレーターの仕事だけでは生活していけるはずもなく、米農家として生計を立てようとするも販路に困って成り立たず、自然薯栽培に挑戦するもオペレーターの春作業とかぶって両立できず、自分の人生の選択を後悔した時期もありました。
    犠牲者になりたくなかった。。(1/2に続く)

プロジェクトオーナーのプロフィール

F9f4d9c8cb46347a0aa12056931924bb2238fea1

(一社)押井営農組合

「自分たちの村は自分たちで守る」 愛知県豊田市にある押井の里を消滅の危機から守るために、地域が一体となってCSAプロジェクトに取り組みます。
お問い合わせ
販売商品
【応援のお気持ちで!】お礼メール
¥2,000 (税込)
残り 493
ご提供予定時期:2019年11月頃
FAQ・ヘルプ

販売商品一覧

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    一般社団法人 押井営農組合

    所在地
    豊田市押井町寺ノ入4

    連絡先
    電話:090-1864-5405
    メール:mail@oshii.net
    販売責任者
    鈴木辰吉

    販売価格
    各プロジェクトページの「チケット代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。